営業支援システムは費用対効果を十分に考慮して選ぶことが重要です

私の会社はここが失敗だった

営業支援システムを選ぶ際の注意点私の会社はここが失敗だった目に見えないコストにも注意が必要

加えて当初の目論見であった、支援部門の人材を営業職にすることにより売り上げの増大を狙った点についても、担当者が不慣れなために思うようにその効率が上がらない結果となり、その年度は赤字を大きく抱えてしまうことになりました。
私の会社での導入の際の失敗はいくつかありますが、1つは実際に導入に見合った利益を確実に得るだけの見通しがないのに見切り発車してしまったことです。
世の中には様々な営業支援ツールがある中で、高機能なものを導入することで高い効果を得ることができると考えてしまったため、そのための様々な操作の習得やいざと言うときのリスクなどを考慮しなかったことが大きな問題と考えられています。
加えて、これまで行ってきた様々な営業支援のプロセスを無視して新たな機能を導入しようとした点にも問題があると考えられます。
このプロセスは、これまで行ってきた業務のスタイルを大きく変えることになり、このプロセスはこれまで行ってきた業務のスタイルを大きく変えることになり様々な問題を生じるリスクもあることを十分に考慮しておくことが必要となっていました。