営業支援システムは費用対効果を十分に考慮して選ぶことが重要です

目に見えないコストにも注意が必要

営業支援 費用メリット・デメリット

しかしシステムの操作をすぐに覚えることができると言う判断のもと見切り発車してしまったために、思わぬリスクを背負ってしまうことになった点が問題です。
新たなシステムを導入する際には、一時的に高い導入コストが必要となりますが、その他にも表面に表れないコストとしてその操作を習得するための人的コストや、操作方法を浸透させるための教育コストなどが見えない部分で必要となることがあります。
加えて、これまで支援作業を行ってきた人材を単なる工数の部分だけで新たな業務に振り向ける事は異なるリスクが生じることになり、特に初年度は思うような成果を上げることができないと考えられる場合が多くなってしまうのです。
そのため新たにシステムを導入する際には、必要最小限の機能で十分に投資対効果を上げることができるものを選ぶのが鉄則であり、さらに業務スタイル自身を変革する場合には十分に注意をすることが必要だということを痛感しました。
現在では、そのシステムを多くの社員が習得し、効果的な作業を行うことができるようになっていますが、営業支援ツールの導入の際には十分な注意が必要であると痛感しています。

営業支援システムを選ぶ際の注意点私の会社はここが失敗だった目に見えないコストにも注意が必要